顧問弁護士は企業経営のスーパーアドバイザーとして、法律の面から企業を守ります。

企業を取り巻く法律問題は星の数ほどあり、弁護士に相談する案件の判断は必要である

事業を営んでいる以上、法律上のトラブルは日常の経営の中でたくさんある

会社が弁護士を必要とするケースは事業を営む上で頻繁に生じます。大企業であれば、自社に顧問などを準備する資金力があるため、法律上の紛争問題などの解決も迅速に的確に行うことができますが、中小企業などはそのような資金力がない場合がほとんどです。

しかし法律上のトラブルに巻き込まれるケースは、事業を営んでいる以上、大企業と大差ありません。法律上の相談をしたいケースは日常の経営の中でたくさんあります。

顧問弁護士は、取引先の債権回収、労務問題、契約書、破産、海外取引など、多様な法律相談に応じます

取引先との関係であれば、債権回収です。取引先の破たんや債権回収の方法など法律上の知識が備わっていないときちんと対応することはできません。また裁判などになるとなおさらです。

労務問題もあります。従業員を雇っている以上労務問題になるケースは必ずリスクとして抱えているものです。残業代金の未払いや、従業員の解雇の方法、セクハラやパワハラなどのハラスメント問題、内定の取り消し方法など弱い立場の労働者を守る法律は会社にとってリスクです。きちんとした手順をとらないと後々大きな問題に発展してしまいます。そのため労務問題も法律の知識を備えたうえで対処する必要があります。

契約に関することも法律の知識が必要です。契約書の解釈方法や契約に記載すべき事項などはリスク回避のためには重要な要素です。エンドユーザーへの対応も法律が関わります。消費者保護法によって消費者は守られています。万が一会社に落ち度があった場合の対処方法などは素人判断ではできないものです。また特定商取引などエンドユーザー向けのサービスについても法律に違反しないように事前に確認しておく必要があります。

破産も法律上の問題です。会社破産の方法やメリットデメリットなど会社側が行わなければならない手続きについて考えておく必要があります。他にも知的財産の法律などもあります。特許権などの取得方法や侵害をしてはならないことを知らないと後々損害賠償や利益損失につながってしまうリスクもあるのです。

海外取引を行うのであれば、日本の法律と相手先国の法律を両方加味しなければなりません。そのため専門知識がないと太刀打ちできないのです。

会社を取り巻く法律問題に対し、どの局面で弁護士が必要なのか判断する

このように会社を取り巻く法律問題は数えきれないほどあります。すべてを知識として持っている社長はいません。そのため要所要所で弁護士に相談するなどの対策が必要になってきます。顧問を抱えていない以上、どの局面で弁護士が必要なのか判断するスキルが一番大切なのです。

参考・関連ページ

最新記事